アルバイトをする時のポイント・注意点

本屋で働くメリットは、何といっても新刊の情報や売れ筋の本などがすぐに理解できることや、本好きなスタッフとのやりとりが楽しいこと、そして、お客さんの質が悪くないことです。

大好きな本の業務に携われることは本好きな人には、たまらないと思います。予約の情報や注文される本なども理解できますので、どんな本が本当に売れているのかを知ることができるのです。

そして、なんといっても本好きなスタッフが集まってしますので、休憩時間などに本に関する会話などをすることも楽しいことですし、自分が知らなかった分野の良い本などを教えてもらえることです。

そして、中古本の買取・販売をしているような本屋でアルバイトをしますと、欲しかった本をいち早く購入できることも、とても大きなメリットではないでしょうか?

そして、接客業ですので、しっかりと接客対応をしなければなりません。学生などの方がアルバイトをするには、接客業を学ぶことができますので、卒業して就職をした際には、役に立つことも多いと思います。

そして、お店に来店するお客さんは、比較的まじめな方が多く、クレーマーなども少ないので、安心して仕事をすることができます。コンビニなどでは、さまざまな人が来店するので、接客も大変なのですが、本屋ならば、気持ちよく仕事ができると思います。

本を読むことはとても大切なことです。なかなか新刊の情報などを得ることや、内容を理解することはできませんが、本屋で働いていれば、ランキング表などを作ることもありますので、さまざまな本を理解することができます。

 

本屋でのアルバイトの仕事の内容はどのようなことでしょうか?

本屋のアルバイトは、レジ打ちや本の陳列、本の返品対応、そして接客対応などがあります。

レジでの仕事では、代金の受け取り業務や、本の予約の受付業務、また本のカバーをかける仕事や、伝票を作成する作業です。

陳列作業は入荷された本を検品して、書棚に並べます、付録が付いているような雑誌などはビニール袋や紐で閉じて書棚へ陳列をします。

また、特集コーナーや新刊コーナーなどを設けている場合がありますので、そのレイアウトを考えたりすることもあります。本の返品は、古くなった本や、売れない本、破損している本などを棚から撤去する仕事です。

大きな書店などでは、複数人の正社員やアルバイトの方が、上記の仕事を分担して行うことが多く、女性はレジ打ちなどを担当して、力仕事が必要な書棚の整理や返品などの場合には男性が担当することになります。

そして、大規模な書店の場合には、売り場ごとに担当者を設けている場合も多く、勤務期間の長いアルバイトは社員と同様の担当を任されることもあります。

個人経営の本屋では、アルバイトが全ての業務を引き受けることがあります。しかし、新刊本や在庫切れの書籍などの発注業務などは正社員が担当することになります。

そして、客商売の仕事ですので、しっかりと接客できるように、新刊書籍の案内や、在庫切れの本の発注などもしなければなりません。

 

本屋でアルバイトをする際には、デメリットもあります。まずは、本は重量が重いので、持ち運びなどをする際に、腰を痛めてしまう可能性があることです。力仕事ですので、疲れることも多いです。特に女性の方にとってはかなりの肉体的な苦痛を伴うこともあります。

そして、本は紙でできていますので、紙で手を切ったりすることも難点です。経験したことのある方も多いと思うのですが、意外と紙はスパッと皮膚に傷つけることもあるのです。

そして、意外と重労働な割に時給が低いこともデメリットの一つです。他の業種に比べまして、極端に低いというわけではないですが、仕事の質の割に時給が低いということです。

そして、できれば新刊などの情報を常にチェックすることが大切です。接客において、新刊の問合せがある場合もあるのです。

アルバイトだからと言っても、顧客にとっては、本屋の一スタッフとして見られますので、なんでも応えられるようにする必要があると思います。

しかし、本好きな方にとっては、本と接しているだけで、満足する人も多いと思うので、あまり苦痛に思うことはないと思います。

分担して仕事をするものの、仕入れから返品、レジ作業や接客業務がありますので、仕事に慣れるまでにかなり時間がかかるということもありますし、本をぞんざいに取り扱ってはならないので、注意する必要がありますが、本の割引制度がある場合もありますし、本好きなスタッフとの会話を楽しむことができますので、そんなに大きなデメリットはないと思います。

 

本屋でアルバイトをする際には、できれば本の知識があることが望まれますが、必ずしも、詳しくなければアルバイトが出来ないということではありません。

仕事をしているうちに、知らず知らずに本の知識もついてくると思うのです。接客業ですから、お客さんから本のことを問われた場合に、しっかり説明できることが望ましいのですが、多くの分野がある本のことを知る必要はないと思うのです。

ただし、お客さんが欲する本の売り場を把握するくらいのことは当然必要になります。売り場すら知らないようでは、仕事をしているとは言えないと思います。本好きな方は、自然に本屋の仕事を理解することができますので、心配しなくても良いです。

また本にあまり興味がない人でも、スタッフの人たちから受ける教育で仕事はできるはずです。オールマイティでどんな本でも理解できる人は少ないはずです。

ですから、かなり過去に発刊された本の情報などは、把握できているわけではないのです。そして、意気ごみとしてはあまりよろしくないですが、もし、対応に困った場合には、従業員の方に確認すれば良いのです。

ただし、新刊が発刊される予定などは、本屋にも届きますし、新聞などでも紹介されることもありますので、新刊くらいの知識は得ておいた方がよろしいと思います。

接客がしっかりできて、陳列や返品対応やレジでの対応などができれば、本屋でアルバイトをすることは可能だと思ってもよろしいと思います。

 

※お花屋さんのアルバイト情報を見るならこちらを参考にしてください!

アルバイト花屋※カホリのお花屋さんのバイト探しの方法・体験談